2017年11月9日木曜日

なんもく村→新潟→華の都→なんもく村、都合780キロでした。

11/4日 メモリアルホールに立つカピパラ

 11月3日文化の日を合わせての3連休。

我が家は昨年に引き続き、タイトなスケジュールをこなして5日の夕刻には帰村となりました。

2017年10月2日月曜日

薪作りラストスパート!ちょっと遅いけど・・・。

ほぼ真東から顔を出す朝の日。

ぐるりと山山に囲まれ、平地のように広い空を眺めることが叶わないここ南牧(なんもく)村では、東の向きに空との境界線を引く山並み越しにその姿をあらわすことになります。

猫額のように狭い上空には、ひとかけらの雲もなく、透明度を増す秋の気配は日を追うごとに澄み、不純物を排除していくように研ぎ澄まされてゆきます。



愛用の薪割り斧「二代目・割蔵重正(わるぞーしげまさ)」

2017年9月21日木曜日

ちょっと残念な秋祭り(なんもく村・磐戸地区)


夕暮れ時の薄墨色があたりをのみ込みはじめる時刻。

間口一間ほどの夜店が道の向こうまでズラリと並び、とっつきには竹柵にずらりと並ぶ時代のヒーロー、あこがれのキャラクターたちのお面売り。

それぞれの店先には裸電球が眩いほどの光をまき散らし、浮足立つような高揚感と汗ばんだこぶしに握られているこの日だけの特別なお小遣い・・・。

2017年9月11日月曜日

態度のデカい教育実習生

14年前。初めての登校&登園の娘たち

あれからもう10数年が経ってしまったようで、この村の小学校に新2年生として転入した我が家の長女・愛子さん。今ではすっかり態度もずうたいもデカくなったせいか、大きな学生・大学生と呼ばれるようになっております。

山梨の地で学生生活を送る彼女が、帰宅してきたのは8月の末。
ほぼ一ケ月ほど滞在の予定だそうです。

2017年7月9日日曜日

村を離れる子育て世代



 すでに大台の2000人を割り込んできたオラが村・南牧(なんもく)村。

なんの数字かといえば、当然のことながら村人数。ムランチュの人数のこと。

近いうちに割り込むことは分かっていても、現実にその数字を見ると何とも言えない陰力を伴った感慨を感じるものです。

2017年7月4日火曜日

杏(あんず)

ことしは当たり年です!
空気中の水分が飽和状態に近づくこの季節。

我が家の密かな楽しみ、杏(あんず)の収穫の時期でもあるのです。

2017年6月13日火曜日

山村の小さな中学校のテニス部事情

よく晴れた月曜の朝。

外気はまだ冷たく感じられ、若ぶって穿いている寝巻替わりの半ズボンでは少々肌寒く感じるなんもく村。気温は10℃を下回る程度となっています。

けさの農道二号線

先週の土曜日、中学校ソフトテニス団体戦の県大会が前橋総合運動場で行われ、強い陽射しが降り注ぐ中、観戦&応援に行ってきました。