2017年4月26日水曜日

移住して農業を志す若者たち

南牧村には田んぼが一枚も無いのです。

 なんだかある種の流行りのように、このところ耳にする機会が増えたように感じる『移住して農業をやりたいんです!』という若者たち。

喜ばしいことと同時に、何とも言えない不安定さと危うさを感じてしまう私。



『僕は田舎に移住して、農業をやってゆきたいんです!』

『自然農法の農業で暮らしてゆきたい!』

『移住後はその土地で農家さんになろうと思っています!』

2017年4月10日月曜日

おいしい話にはご用心!~その②~

『求めなさい、そうすれば与えられる。』う~む・・・。

役場隣、山村広場上に所在する厄介なケヤキ伐採の話があってからざっとふた月が経過。

当初、年内のうちに伐採するという話だったのですが、実際に伐採が行われたのは年が明けて正月19日のことでした。

前日にまとまった雪が降り、現場はかなり条件が悪くなっていることが予想されていましたが、引き受けた以上は回収と片付けに行かなければなりません。

朝一番から始まった専門業者による伐採作業、ケヤキ一本くらいですから午前中にはあらましとなり、『午後から入ってもいいよー!』との連絡を頂いた私。